top of page

昼過ぎ、頭がぼわーーーーっとするので眠気覚ましにちょっと散歩に出て。

でも戻ってきてからやっぱり眠たくて、

すこし休もうと思ってソファに横になったら眠ってしまった。


夢をみました。

子どもの頃の自分、中学生と高校生の頃の自分だと思う。

その夢はまぁいいのだけど、

目が覚めて、アトリエのソファに横になっている自分。


起きたはずなんだけど、まだ半分は現実じゃないような時ってありますよね。

で、体が動かない。金縛りっていうような恐怖はないのだけど、

体が全然動かせなくなるような。

今日は、体が動かせない+強烈に眠い。

起きようにもとにかく目を開けれない。

こういう時って、朝起きた時のまだ眠いぃぃ、という感じとは違って。

風で揺れているカーテン、

ソファの横の窓から、窓下の砂利道を歩く人の音が聞こえてくる。

でもどこか現実的じゃない空気を含んでる。

うつらうつらしながらも壁にかかってる時計を見て、

時間的に、それは実際の時間っていうのはわかる。

なのだけど、でもちょっと感覚的に現実からちょっと離れてるような。

やっとこさ手だけ動いて、携帯を手に取りました。


そしたら、

携帯が鳴ったんです。

鳴ったというか、鳴っている音が小さく聞こえているんです。


え?と思って。手に持ってる携帯を見ても鳴っていない。

でも鳴っている音がちょっと遠くみたいな場所から聞こえてくる。


なので、その鳴っている方向に意識を持っていくと、

どんどん音が大きくなっていき、

携帯が鳴っているんです。画面も鳴っている画面になるんです。


ん??と思い、もう一度鳴っていない方へ意識を向けていくと、

音は小さくなっていって、携帯も鳴っていないんです。

私の視点は一つなんだけど、二つの世界が同時に進行している感じ。

私はその狭間に立っていて、どちらも選べるような感じのところにいるんです。

車のワイパーを動かしたら、ワイパーを境目に二つの世界があるような感じ。

右と左に同時に世界が並行してるように、

この時は音が鳴っているのが左側で、

鳴っていないのが右側というような “感覚” に近くて。

見えてる世界は確かにひとつなんだけど、

感覚的に、世界が二つ並行しているようにみえているんです。


音の鳴っていない方へ意識を向けていくと、

携帯の音はどんどん遠のいていって、音は鳴っていない。

小さくなってる音の方へ意識を強めていくと、

どんどん音が大きくなり、音が鳴っている。

それを何度か繰り返していました。



何度か繰り返して、

で、

ふわ〜としてた体の感覚がはっきりしてきて。

今、思い出すとその感覚はちょっと現実的ではないけど

でもちゃんと現実的なんです。うーん、表現が難しい。


なんかちょっと、ぉお!と思ったので、日記に記録しておこう。と思いました。







Comments


bottom of page