春分の日。

朝雪は降っていたけど、今は暖かい陽がアトリエに入ってきてくれて嬉しい。

太陽の陽は、いつも感覚を呼び戻してくれる。

言葉にならない、その感覚に満たされて、有り難くて、手を合わせる。


数日前、久しぶりにいくつかのギャラリーを巡った。

その途中、ふっと気付くと小さい川に白鷺がいた。

しばらく立ち止まって見ていた。

飛び立たないかなぁと思ってたけど、白鷺はただずっとそこに立っていて。

その場を去るのが惜しいなと思いながら、その場を離れた。

アトリエの中で椅子に座りながらあの白鷺を思い出している。

今、どこかの空を、風を受けながら飛んでいて、

どんな風景を見ているだろうって、そう考えると、

あの一羽の白鷺と、今ここに居る自分が見えない一本の線で繋がる。

白鷺が見ている世界や、受けている風の感覚や風の音を想像してみる。


そんなこと考えてたら、梨木香歩さんの「渡りの足跡」、読みたくなった。

....ちょうど昨日友人に貸してしまったので、戻ってきたらまた読み返そう。