El sur エル・スール

南へ

______________________________________________________


アトリエで作品の出し入れをしていた時のことだ。

ちょうどアトリエに来ていた友人がこんなことを言ってきた。

「エル・スールって作品、あったよね?」

私が創った作品で、ということだ。

「エル・スール?いや、創ってないと思うけど・・・」

「なかったっけ? 南に、、、向かうとかそんな題の。」


思い浮かんだのは、「南へ向かう群れをみた」という作品だった。

それをいうと、そのことらしく、彼はその作品をみた時に、

エル・スールという言葉でその作品は彼の中に記憶されたらしい。


El sur /エル・スール

1983年、ビクトル・エリセ という人がつくったスペイン映画だそうだ。

El surは、〝南〟という意味だそうだ。彼はその言葉と重ねて記憶してたんだろう。

私の中から「El sur /エル・スール」とというキーワードが離れなくなった。


不思議なのだが、こんなことがある。

ある時期に同じ言葉、同じキーワードが、

あらゆる多方面から、自分の耳に入ってくる、という現象だ。

今回、このエル・スールという言葉を聞いてから

〝南〟というキーワードと出逢うことが多々あった。

精神的面や、今回の作品に用いた材料のことやら。

作品とは、

その時その時で、持つ意味が変化するものだと思っている。

と、いうよりも、私の場合はまだ途中段階で見えている、という感覚もある。

今回の会場をぐるっと一周した最後に、

一点だけ、アクリルで水彩紙に描いた作品がある。それが、

「南へ向かう群れをみた」という名をつけた作品だ。


これを描いたのは、ある時、空の上から、みた景色だったのだが、

眼下に広がる景色や雲らが、まるで生き物のように変化し、

それらが南へ向かって行ってるように見えたからだ。

あの日みたことを、記録しておこうと描いた作品だった。

なぜ彼らは、南へ向かっているのだろう。私にも分からなかった。


「 南へ」

私に入ってきたいくつかのそれに関するはなし。

今の時点で私が感じたことを、作品に落とし込んでおこうと思う。

自ら作り上げてしまった小さな檻を抜け出して、描きなさい。と。

南へ。