父が森に作った美術館の話しだ。

美術館と言っても、友人から紹介してもらった山の一部のスペースであって、

そこに私や姉の作品を飾っている、家族や知人だけが知ってる、

手作りの、小さな森の美術館。父の名から「ひろし 森の美術館」という名がついている。

「ひろし〝の〟」の、のは付かない。そこはこだわりがあるらしい。笑

本人曰く、「ひろし〝の〟森って言ったら、自分の森みたくなってしまうだろう。」と。

私有地と言っても、あくまでも表面上で、山は、森は、自分のものではない、

山は自然のものだ、多分、父はそう思ってるんだと思う。


そんな父が、その森に入りだした頃の話しだ。

森に入ると、いつも何かに、見張られてる視線を感じていたそうだ。

多分、その場の主や、精霊や、そう言ったものだろう。その森の番人のような存在の。

だから父は、


森に入る時は挨拶をし、帰る時もまた、挨拶をして帰る、


それを繰り返したそうだ。

ここに入らせてもらいます、お辞儀をして、

今日も入らせてもらってありがとうございました、と頭を下げ。

きっとそんな風に、森に敬意を込めて。


それを日々繰り返し、どれくらい経っただろうかというようなある日に、

ふっと、その見張られるような視線が消えた時があったそうだ。

その森に入ることを、許してもらえた、そういう合図のように。

だけど、その時期くらいから、一羽のカラスが父の森に来るようになったそうだ。

父は、カー助と呼んでいて、よく会話をする友達らしい。


でも、父は、

「カー助はな、友達だけど、きっと見張ってもいるんだと思うぞ。」と。



その場、その土地を鎮守するような存在はいて、

山そのものかもしれないし、精霊のようにその場を護ってるものかもしれないし、

とにかく、そういう存在のことをあらためて思った。


この父から聞いた森の話を、

この作品の制作中よく思い出していた。