最終更新: 7月7日






ヨガ療法士の大森慎司さんのロゴマークデザインを製作させて頂きました。

オームマークをオリジナルのデザインにして欲しいということの依頼で、

ヨガをしている方は知っていると思いますが、

サンスクリット語(インドの古い言語)の文字だそうです。

なんとiPhoneの絵文字の中にオームマークあるんです、これです→🕉

オームマークは、「a」「u」「m」の3つの音、

「ア」「ウ」「ン」から成るそうです👀

オームマークは馴染みがなかったとしても、「阿吽 /あうん」は知ってますよね。

「あ」から「ん」、万物の始まりから終わりの象徴の意味を持つ言葉🌍

オームマークでは🕉

左上から(3みたいな形の上の部分)が「覚醒」

その下の円部分が「夢」、

右一番上から点が「本質=純粋の意識」、

その下(線みたいなの)が「幻」、

一番下の丸が「熟睡」の意味を持つそうです。

さらに時間の段階も表してると聞きました。

過去、現在、未来。

すごいですね、この一つに文字に全てがつまってるような…

製作するにあたり私も大森さんからヨガを受けさせて頂きました。

なのでデザイン制作に入ったのは受けてから数ヶ月後くらいから。

私は今回、初めてヨガを受けたのですが、

まず体を動かしていく前に、「話す時間」がたくさんありました。

人が持つ五つの鞘のはなし。

人の感覚器官、意思や、肉体や魂の繋がりを表現した馬車説のはなし。

日常の中での、心の部分、感情の変化のこと。

他にも過去の自分、自分が産まれる前〜さらに自分が死んだ後にある時間のことまで。

大森さんは、その時間も含めてヨガだと教えてくれました。

心と体がいかに繋がっているかということを知りました。

不思議ですよね、形がある身体と、

意識や心とかの形ないものが、繋がっているのだから。

「形がないのに、確実に存在している。」

そのことが、時折ふっと「どういうことだ?ಠ_ಠ!!??」って思う。

体を動かすヨガの時間もとてもいい時間だけど、

私はこの「話す時間」が楽しくて仕方なかった^^

体を実際に動かすヨガは、1日5分〜15分でもあればできる内容のもの。

ただそれを5分でも、毎日、毎日続けるのこそが大事なんだということ。

そうして続けた数ヶ月後に、私も確実に日常で自身の変化を感じてました。

上にも書いた人間五蔵説や馬車説は何度も何度も説明してもらったのだけど、

ちゃんと感覚ではまだまだ理解出来てないと思う。

いつか私なりにこれを絵で描けたらとは思っているのだが…

すごいご縁で繋がっていた、

ヨーガ療法士でもあり、

プロのスノーボーダーでもある大森さん。

日々山に登っている大森さんなので、

デザインの中には山を入れたいというのもあったのですが、

大森さんのヨガを受け、話をして、

さらに自分が普段個展などでの制作の中心に置いてる表現したいものたちが

自然と繋がって出てきた絵になったんじゃないかなと思います。

大森さんのヨガはオンラインでも受講が可能のようです。

下のリンク先で詳細確認できます◉

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

大森慎司さん

Shinji Omori

プロスノーボーダー

インド中央政府公認ヨーガ療法士

https://smartcoach.jp/course/29

_________________________

‘‘覚醒している、 触れることのできる 、出来事が起こる日常” を「現し世 」として見て、

深い眠りをしてるの を永久の宇宙 「常世 (彼岸)」、

形はな いけど、 感清もあり出来事がある中間を‘‘ 此岸と彼岸を繋ぐ空間”。

この3つは全て繋がっていて、 生きな がらの 彼岸があり、行き来をすることができる場所。

現世と常世 を繋ぐ場所に“ 三途の川’'があるとされている。

躰をつくる水が 、私達の外側である体の殻(現世)と、

精神(常世)の中間を繋ぐものの一つなのかもしれない。

意識のある日常を山として、 深い眠り(熟睡)で辿り着くの は永久の宇宙の 空間。

繋ぐ「水」(川)。本質は「太陽」で 、 太陽を見え隠れさせる幻は「雲」。

この「雲」は自身の心が作ってしまうものでもあって、

だからこそ、気付いて、息を吹き掛ければ、すーっと消してしまうことができるんだろう。