鈴木果澄 個展「ある神話のはなし -九十九山 」

KASUMI SUZUKI solo exhibition.
2019.02/02-2019.02/28

札幌グランドホテル グランビスタギャラリーサッポロ  
GRANVISTA GALLERY SAPPORO

ある神話のはなし -九十九山 。

-深い眠りの中にいた。

ゆっくりと動きゆっくりと呼吸している。とても静かだ。
わたしは山の一部だった。前にも此処に来たことがある。

九十九山 - つくもやま。

彼方此方に感じる多くの気配、生きた幻影たち。
かたちは無くとも常に永遠に存在するもの、
かたちは在れど儚く永遠ではないもの、
私がその両方で成り立っているとしたら、
ひとはそれらを
「常世」と、「現し世」と呼んだのかもしれない。
現しの世に映し込まれた幻影が
時に惑わしのものを映し出すのは、それは常の世の場所で
ひとつの風が吹き、ひとつの星が流れているという。
森羅万象、この世は千変万化の鏡屋敷。

© Kasumi Suzuki